ドンマイ・テンジロウ

テンジロウです。

人って真冬でも変な汗をかいちゃうんですね。

f:id:tenjirou8989:20200228163645j:plain

 

本日、次女の習い事終了予定時刻:PM8:30

 

PM8:20頃:妻が俺に、こう言ってきた。

「今度のダンスの発表会イベント、楽しみだね。〇〇ちゃんがウンタラカンタラ、〇〇先生がウンタラカンタラ・・・あの子はダンスが上手だウンタラカンタラ・・・ダンスのあの曲はウンタラカンタラ・・・あっ、そろそろ終わる時間だから迎えに行ってきて」 と

 

俺「いいよ、何時に終わるの?」

 

妻「PM8:30」

 

俺「え?今PM8:20だぞ?」

 

妻「そうだね」

 

次女が通うダンス教室までは車で30分近くかかる。

驚いたねえ、焦ったねえ。

今言うか!?と

 

俺は即座に玄関を飛び出し、車に乗り込み、GO!!!!!!!

 

走ったねえ、走った、ああ走った。すげえ走った。

こんな事を思いながら走ったよね、

(すまん待っててくれ、我が次女)と。

(おい言うのが遅えよ、我が妻)と。

 

さっきから俺のスマホにLINEの着信がバンバン入ってきている様だが、運転中で見れない。多分次女だろう。

 

PM8:45頃:ダンス教室まではあと5分ぐらいだ。

赤信号で止まった俺は次女からのLINEを確認しようとスマホを見た。

「ん?」

次女と妻の2人から入っていた。

 

まず次女からのメッセージを確認した

次女[今どこ?]

俺[後5分くらい]

次女[今歩いて帰ってる]

そうか、それならダンス教室の少し手前で会えそうだな、スマン。

 

そこで妻からのメッセージを確認した。

[今どこ?]

[どこに行ったの?]

[大丈夫?]

[おーい?]

[何かあったの?]

[どこにいるの?]

と何通も入っていたのである。

 

ん?何かあったのってどういう事?・・・あっ!!

俺は、 ある可能性に気付いたのである。

(もしかして今日は習字の日ではないか?書道の日ではないのか?)と

 

俺は妻に返信した。

俺「え?ダンスじゃないの?」

妻「は?」「習字ですけど」「もう歩いて帰ってくるって」

 

習字教室は家から車で5分。

思いっきり通り過ぎた場所にあった。

 

そしてまた、次女からLINEが入ってきた。

確認すると、[大号泣のスタンプ]が。

 

こんな時、人って真冬でも変な汗をかいちゃうんですね。

 

ドンマイ