俺が好きな、かっけーバンド・アーティストたち(その6)〜COW COW・NINE INCH NAILS・10-FEET〜

テンジロウです。

 

Rock Is Not Dead!!

 というわけで第6回目です。

 

 

前回の、その5もお願いいたします。

 

tenjirou8989.hatenablog.com

 

 

幻のパンクユニット

COW COW

1992年パンクロックバンドCOBRA活動休止後に、ポン(LAUGHIN' NOSE、exCOBRA)とヨースコー(COBRA)の二人で結成された、テクノハウスパンクユニットです。

 

恐ろしくかっこいいです。

まだ音楽性が時代の先を行き過ぎて、一部のファンには受け入れられなかったようです。

デジロックという言葉も無い頃、時代を完全に先取りしていたのではないかと思います。

活動期間が2、3年と短く、時代がCOW COWの音楽に追い付く前に解散してしまいました。

デジロックという言葉が出てくるのも、ここからまだ数年先になるわけです。

 

この2人センスの塊です。

 

 


COWCOW - 東京CITY HADCORE NUMBER

 

今では音源の入手も難しいのですが、何とか入手してCOW COWのパンクロックを聴いていただきたい。

 

COW'S NOT DEAD!!

 

ちなみにお笑いコンビのCOW COWはこのユニットから名前を採ったそうです。

 


COWCOW - オンボロ列車 (MV)

COW COW was innocent.

COW COW was innocent.

 

 

 

 

NINE INCH NAILS

唯一無二のインダストリアルロック[ナイン・インチ・ネイルズ]

 

正直、最近の活動状況はよく分かってないんですが(じゃあ紹介するなって話ですが)

はっきりいって1990年代〜2000年代は神がかっています。

 

俺の超オススメ盤はこれ

ブロークン

ブロークン

 

高速道路を走りながら聴くと、アクセル軽くなります。

俺は無敵だと思ってしまう可能性大です。

運転中はナイン・インチ・テイルズ厳禁にしないと危険なレベルです。

 

基本的にはメンバーはトレント・レズナーだけで、ライブやレコーディングの際にメンバーを集めて活動していたと思います。(違っていたらすいません)

 

中途半端な紹介になってしまい申し訳ありません。

ただ読者の皆様に知っていただきたいのは、ナイン・インチ・テイルズの音は凄まじくヤバいという事なのです。

 

ザ・ダウンワード・スパイラル+13(デラックス・エディション)

ザ・ダウンワード・スパイラル+13(デラックス・エディション)

 

 

 

 

10-FEET

京都出身の3ピースバンド

 

ミクスチャー系のメロディアスなパンクロック・・・うまく説明できん。

とりあえず聴いてみて。

 

激しく、優しく、熱く、暖かい、笑えて、泣けるロックンロールです。

 

10-FEETは、悩みながら迷いながら頑張っている若い方達に聴いてもらいたいです。


10-FEET – ヒトリセカイ


10-FEET - ヒトリセカイ(後半)

 

人の心に突き刺さる、人の心を暖めるバンドだ。

10-FEETよ、これ以上泣かせないでくれ。

 

Fin(初回生産限定盤)(DVD付)

Fin(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 TAKUMAさん、エクスプローラー似合いすぎ。

 

 

NO MUSIC NO LIFEです。

NO ROCK NO LIFEです。

それではまた。