ロックください

テンジロウです。

f:id:tenjirou8989:20200229003245j:plain


 

昨日は次女が通っているダンススクールのイベントを観に行った。

会場は、とあるライブハウス。

最高の空間。

その最高の空間で我が娘が踊る。

最高の日だった。

ダンスってカッコいいと思ってしまった。

そのカッコよさに嫉妬してしまうほどだった。

本当に楽しかった。

 

一番凄かったのは東京から来たというダンスチーム「GANMI」

メチャクチャカッコよく、そして面白い。

エンターテイメントだった。

ダンスってカッコいいと思った。


Welcome to GANMI学園 | TOKYO GANMI SITE vol.1

こんなのを10代に観ていたらダンサーを目指したかもしれない。

 

しかしダンサーたちのパフォーマンスをライブハウスで観れば観るほど「俺は本当はロックバンドが観たい」という想いがフツフツと沸き上がってきた。

ドラムの音、ベースの音、ギターの音、そしてマイクに噛みつかんばかりのシャウトを俺は欲していた。

 

すまん、最高のパフォーマンスをみせてくれたダンサー達。

あなた方が凄ければ凄いほど、俺はやっぱりロックが好きだと認識させられた。

ディストーションがかかったギターが大好きだと、腹に響くバスドラが無いと物足りないと。

こんなことばかり考えていた。

 

ダンサーが踊れば踊るほど、俺はロックを欲した。

ダンサーがカッコよければカッコいいほど、「ロックンローラーの方が断然カッコいいよ」なんて思ってしまった。

 

俺は拳を振り上げて叫びたいんだ。

「OiOi」叫びたいんだ。

 

ステージにドラムもアンプも無いなんて、寂しいじゃないか。

もっと爆音を浴びせてくれ!

ロックを喰らわせてくれ!

 

なんてことを思った、本当に最高のダンスイベントだった。