「見てみろ...この慌てぶりを...。怖いのだ...怖くてたまらずに覆い隠したのだ...。」って大佐(漫画AKIRA)のセリフがリアルに感じられる今

テンジロウです。

f:id:tenjirou8989:20200314104439j:plain


 

今世界が大変なことになっています。

2020年1月頃からのコロ助の発生による世界的な感染拡大。

 

全国の公立小中高休校。

大規模イベントの自粛、テーマパークの休園。

世界的な経済の落ち込み。

日経平均株価の大暴落。

NYダウ大暴落からの週に2回ものサーキットブレーカーの発動。

WHOの遅すぎたパンデミック宣言。

世界各地で都市の閉鎖。

出入国の制限。

デマの蔓延。

危ぶまれる東京オリンピック。

日本でコロ助特措法可決。

アメリカが国家緊急事態宣言。

 

戦争とも違う、環境問題とも何か違う未だかつて無いような事態が世界で起こっている。

コロ助は生物兵器だなんて話もある。もしそうだとするならば意図的にバラまかれたものなのか漏洩事故なのか。

核のように、コントロールできないエネルギーのようなものを我が物顔で扱おうとした人間への罰なのか。

これが地球の意思なのか。

それとも変化を願う人々の集合的無意識が今回の事態を引き起こしたのか。

 

今回のコロ助騒動で多くの中小企業が経営破綻に追い込まれるかもしれない。

予断を許さない状況ではあるが、これはこれでチャンスかもしれないとも思う。

時差出勤、在宅ワークの推奨等でわざわざ無駄に出勤しなくてもいいと気づいた人たちや企業も多くあると思う。

中々変わらない日本の働き方をコロ助が変えたのは非常に皮肉だ。

これを機に大きく変わって、転んでもただでは起きない日本と世界であってほしいと本気で思う。

いつでもチャンスはピンチのふりをしてやってくるのだから。

株価の暴落だって投資家にとっては大きなチャンスだったりする。

しかしここでコロ助が終息して、また元通り毎日定時出勤、満員電車、サービス残業が復活したらもう本当に日本は終わり救いようがない。

コロ助騒動は本当の意味で会社に依存する時代は終わったことを示しているのではないか。

 

私のような一人の人間には今何が起きているかなんて本当の所は分からないが、考え続けることが大事だと思う。

これから世界が大きく変わることだけは間違いない。

 

「未来は一方向だけに進んでいるわけじゃないわ、私たちにも選べる未来があるはずよ」(漫画AKIRAのキヨコのセリフ)