不思議な力を信じる

f:id:tenjirou8989:20210125233346j:plain


不思議な力を受け入れる。

 

いきなり何を言っているんだ?って感じですよね。

 

 

でも不思議な力を信じなければいけません。

何が言いたいの?と思いますよね。

私も自分の言いたいことが上手く説明できません。

 

ですが、とりあえず書き進めます。

 

世の中には不思議な力ってのが存在します。

確実に存在します。

例えば今、私の前にはノートパソコンがあります。

カタカタカタカタ、キーボードを叩いています。

そうすると、画面に思うがままの文字が出てきます。

筆記用具も使わずに、私の思った文章が書かれていきます。

不思議です。

そしてマウスとかいう謎の物体を持って動かすと、あら不思議。

画面の中のポインターとかいうのが縦横無尽に走ります。

それを右下の「公開する」ボタンに合わせて、カチッっと押すと。

筆記用具を使わずに書いた不思議な、だけど確実に私の想いが詰まった文章が全世界中に拡散されていくのです。

これがインターネットという不思議な力です。

この不思議な力は確実に存在するわけです。

インターネットを使えば自分の部屋で書いたものが全世界に配信されます。

不思議な力以外のなにものでもありません。

魔法といっても過言ではありません。

 

鉄の塊が高速で移動する、自動車。

鉄の塊が空を飛ぶ、飛行機。

寒い部屋を暖めてくれて、暑い部屋を涼しくしてくれる、エアコン。

CDを入れると音楽を流してくれるプレーヤー。

全部不思議です。

 

もっと言うと。 

窓を開けると風が入ってきます。

外では風が吹いています、扇風機も無いのに風が吹いています。

部屋の中で扇風機のスイッチを押すと空気が動いて風が発生します。

 

空気が無いと人は死にます。

空気の中の酸素が無いと人は死にます。

でもその酸素は目に見えません。

その目に見えないものが無いと人は死にます。

 

本を開けば、どこかの誰かがしたためた想いを知ることができます。

その人と遠く離れていても、その人の考え方を知ることができます。

その人が亡くなっていたとしてもその人の考え方を知ることができます。

著者が亡くなっていたとしても著者の想いや考え方は人に伝わり続けます。

 

時計は時を正確に刻み続けます。

1日は24時間、1年は約365日と6時間。

ずっと正確です。

どこの誰が管理しているのでしょう。

地球の公転や自転は誰が制御しているのでしょう。

 

周りを見渡すと不思議な力だらけで、当たり前である事なんて何一つないんです。

今、自分が生きてパソコンの画面を見ていることだって当たり前ではないですし、不思議な力によってこうやってブログが書けています。。

 

もう一度言いますけど、この世界に当たり前の事なんて一つもないんです。

 

何がいいたいんですか?頭おかしくなったのですか?って感じですよね。

 

簡単に言いますと。

世の中に当たり前のことなんて何一つ無いんだから、何が起こっても不思議ではないってことです。

だから自分の人生とか生き方も、自分次第でどうにでもなるって事だと思うのです。

それに気づくか気づかないかで、人生は大きく変わると思います。

 

人が生まれる確率は「1400兆分の1」と言われています。

統計学上は「100万分の1」は、ないものとしていいと定義づけられています。

つまり、あなたも私も生まれてくる確率はないのです。

統計学上はないのに、人として生まれてきたのです。

まさに奇跡です。

地球上に生命が誕生した確率は「10の4万乗分の1」と言われています。

25mプールにバラバラにした腕時計を投げ入れて自然と組みあがる確率などとよく例えられます。

あなたも私も不思議な力のうえに生まれてきたのです。

この世に生まれてきたこと自体がありえないと言えるのです。

今あなたがこのブログを読んでくださっているのも奇跡の確立であり、不思議な力のおかげと言えます。

 

不思議な力を私は信じています。

 

いつも読んでくださり本当にありがとうございます。