さよならはいわない。

私が「はてなブログ」を始めて2年半以上が経過した。

あの時は、なんだかとても気持ちが停滞していて、何か新しいことを始めてみたいなという思いだった。

それまでの私は何かを配信するなんて事とは全くの無縁だった。

最初の頃は、何を書いてもほとんどアクセスはないし何を書いていいかもわからなかった。

だけどキーボードで文字を打ち込むという行為がとても楽しかった。

自分は、単純にキーボードをカタカタ打つという行為が好きなのだということに気がつくことができた。

 

しかし、せっかく配信しているのだから誰かに読んで欲しいと思うのは当然で当たり前のことである。

 

「はてなブログでアクセスを集める方法」などと検索をすると、他の人のブログに「はてなスター」をつけましょうや、「読者登録」をしましょうなどとよく出てきた。

「なるほど~」と思った私は沢山のブログを読んで読者登録をしたり、はてなスターをつけたり、はてなブログにべったりの生活が始まった。

とてもとても魅力的なブログがたくさんあり、私はとても刺激を受けた。

ゆるいブログ、過激なブログ、笑えるブログ、泣けるブログ、元気がもらえるブログ、学びになるブログ、くだらないブログ、ヤバいブログ、毎日が刺激的だった。

はてなブロガーには、本当に色んな人たちがいた。

 

しかし、2年半もはてなブログをやっていると、いなくなってしまう人も増えてくる。

長期間更新されなくなったり、ブログが消えてしまったり、非公開になってしまって読めなくなってしまうこともある。

人にはそれぞれ事情がある。寂しいけど、仕方がないよね。

 

 

私が「はてなブログ」を始めて、自分のアクセスを増やそうと躍起になって先輩方のブログを読みまくっていたころ、あるブログに出会った。

そのブログ主のことは「紫の人」ということにしておきます。

「紫の人」はロックベーシストだ。

いろいろな記事がある中に、とある「X JAPAN」に関する素敵な記事があった。

なにを隠そう(別に隠してないが)私は中学生のころからのXファン。

その記事を見つけた時、私の脳がパカッと開いた感じがした。

当時、何を書いていいのか迷っていた、はてなブログを始めたばかりの私は、「自分の好きなことを書けばいい」ということに気がついた。

「紫の人」のブログに出会わなければ、私はブログを辞めていたかもしれない。

 

f:id:tenjirou8989:20210926142359j:plain

 

「紫の人」に刺激された私はインスピレーションが働き、自分がXファンになったきっかけをブログに書いてみた。

その時の記事がこちら↓↓↓

www.tenjirou8989.com

 

この記事を書いている時はホントに楽しかった。

自分が好きな事を配信する楽しさに気づくことができた記事だ。

いまだに読んでくださる方がいて本当に感謝。

 

本題はここから。

なんとこの記事に「紫の人」からコメントをいただけたのだ!

驚いたし嬉しかったし、どうしていいかわからなかったし。

とりあえず、私は平静を装ってコメントを返信した。

本当はとってもドキドキしていた。

 

「紫の人」に触発されて書いた記事に、まさか本人からコメントをいただけるとは思っていなかった。

ブログを始めて最初にいただいたコメントを大物からいただいてしまったのだ。

このことは私がはてなブログを続ける原動力になったといっても過言では無い。

私は記事を書くとき、いつも心のどこかで「紫の人」の反応を気にしている。

 

そして、「紫の人」のブログの更新をいつも楽しみにしていた。

その人のブログのコメント欄は、いつも賑やかだ。

繊細な文章の魅力に惹かれた人たちがいつも集まっている。

そのような方々に「紫の人」はいつも丁寧に返信している。

 

 

 

2021年9月26日現在、私に多大な影響を与えてくれた「紫の人」のブログが非公開になっている。

一部には公開されているのか、完全に非公開になっているのかわからないが。

私には現在「紫の人」のブログを読むことができない。

何か事情があってのことなのか。

何をどうしようと、あのブログを読むことができないのである。

「紫の人」にも人生があり、なにか大切なものを守るために決断されたのか、そうせざる負えない事情があるのか。

はたまた非公開にすることによって、ご自身の生活の向上に繋がっているのか。

ただの気まぐれなのか。

私にはわからないけれど。

「紫の人」が決断したことであるならば、寂しいけれど仕方がない。

ブログにアクセスできない、コメントを書き込めない以上、私に事情を尋ねる術はないのだ。

 

恐らくブログが非公開に設定されているということは

削除はされていないということだと思う。

あの人のブログはまだ存在しているのは間違いないと思う。

私は、いつかまた「紫の人」の素敵な記事を読める日が来ることを楽しみにしているんだ。

 

だから「さよならはいわない。」

 

f:id:tenjirou8989:20210926142507j:plain