やっぱり違和感が拭えない

どうも偏っているような気がして仕方がない。

 

なにがって、今のウクライナ情勢。

ロシアとウクライナの紛争。

 

言っておきますが私は世界情勢に詳しいわけでも無いし、

ましてやウクライナ情勢に詳しいわけでも無い。

 

しかし、今回のウクライナの紛争に大いに違和感を感じている。

 

日本で報道されている内容は、ロシアがとんでもない暴挙に出たみたいなことの様に思う。

ロシアのプーチン大統領がウクライナに侵攻して一般市民にも被害が拡大している。

悪の枢軸国ロシアを断じて許すわけにはいかない。

みたいな論調が展開されているのではないだろうか?

私はテレビをほとんど観ないので詳しくは知らないが、多分「暴挙に出た大国ロシア」VS「平和を脅かされているウクライナ」のような構図になっているのではないだろうか?

しかし。。。

 

果たしてそうなのだろうか?

 

今日本で報道されている情報は、西側諸国つまり米国側からのものでしかないのでは?

ロシア側の言い分は日本で報道されているのだろうか?

 

喧嘩だってなんだって争いごとは、双方の言い分を聞かないと真実はわからないのでは?

 

日本に住んでいると、ロシアの言い分がまったく聞こえてこないのである。

 

ロシア軍がチェルノブイリを占拠したらしいが、これにどんな意味があるのか?

よく考えてみたほうがいい。

もしかしたらウクライナを世界から消したい勢力というのが世の中には存在するのかもしれない。

ウクライナを守るためにロシア軍が進軍しているとしたら。。。?

なんて妄想をしてしまうのは私だけだろうか。

 

紛争も喧嘩も、双方の言い分を聞かないと絶対に真実はわからないと思う。

今日本で報道されている事は、片方の言い分でしか無いような気がするのは私だけでしょうか?