感情が溢れ出す

どうしようもなく感情が溢れ出してしまう時。

忘れていたものをたくさん思い出す。

自然と感情を抑えて生きていると、どうしようもなくなる時がある。

一旦溢れ出した感情は、なかなか抑えることができない。

 

身体のあらゆる穴という穴から感情が溢れ出て、

手ににじんだ汗にも感情が宿る。

感情は匂いとなって、感覚になって・・・

まぁそれはそれで。

 

なんとなく最近思ったのだけど・・・

「過去」は足を引っ張り、「未来」は手を引っ張ってくれる・・・ような気がする。

だから私は今、足を引っ張ってくる過去を、未来にぶん投げる作業をしている。

ハンマー投げのように「過去」を未来にぶん投げたい。

過去を未来に投げつけたい。

でも、そんな作業を無表情に続けていると、自分でも気がつかないうちに心にスケールが溜まっていくみたいだ。

そして器の小さい私から、それはいつか感情となって溢れ出して、

涙となって、汗となって、匂いとなって、心となって、目に見えない色となって。

 

抑えに抑えていた感情が溢れ出すとき、意外と心地良さをおぼえる。

 

やはり大切なのは

自分のいるべき場所にいること。

自分の着るべき服を着ること。

自分が使うべき言葉を使うこと。

 

 

なんだか取り留めも無い話になってきたけど、

感情の赴くままに文章を書くとこうなる。

 

複雑なんだよ人間って。

感情の生き物だから。

カッコつけちゃってさ。

自分を偽ってさ。

平気なふりしてさ。

泣くのを我慢してさ。

立ち止まりたいのに歩き続けてさ。

文句言って。

怒って。

笑って。

 

一度きりの人生だからさ、はりきって生きましょう。