ハローモンスター。

急かされる人生を拒絶するのは中々大変だ。

 

自分はどこに向かってるのかなあ?

もしかして、今歩いている道は間違いかもなあ・・・

なんて考えがよぎる事がある。

最近、多々ある。

 

何だか見える世界がガラリと変わる予感がした2年ほど前。

たしかに2022年になって、今までとは見える世界がガラリと変わった。

 

先週、久々に酒を呑んだ。

相手は、辞めた会社の元同僚たち。

 

久々に会った元同僚たちと呑むのは、楽しかった。

だがしかし、もう過去の人たちなんだなと思うと、一抹の寂しさを感じた。

私はもう既に別の道を歩み始めているのだ。

かつてあなた達と共に汗を流した日々にはもう戻れない。

私が選んだ道が正解なのかは分からないが、進むしかないのだ。

迷いながら、軽やかに歩いていくしかないのだ。

 

良くも悪くも変わっていない元同僚たち。

うれしくもあり悲しくもあり。

変わろうとしないあなた達から、私は自ら離れていったのだ。

 

これから先、お互い色々あるでしょう。

本当にありがとう。

これからも同じ空の下、生きていきましょう。

 

でもやっぱり少し寂しいや。

もっと違う選択があったのかな?と考えることもある。

今が幸せだなんて、手放しでは言えない、正直。

どうしても不安がよぎる。

今はそんな時期なのだ。

 

まったく気が付かない人は、幸せに生きていける。

少し気づいた人は、不安と恐怖に襲われる。

多くのことに気づいた人は、手放すことができる。

私は今どこにいるのだろう。

 

やっぱりバイアスの性なのか、過去は美しく感じる。

しかし過ぎ去った過去なんかよりも、私が見たいのは未来なのだ。

これからやってくる未来を受け入れたいのだ。

ベッドから飛び起きて素晴らしい未来を見るんだ。

 

ハローモンスター。