【自分に言い聞かせる】人生luckありゃQもあるさ

多分、私がこの世に生まれた事には、なんの意味もない。

あなたが生まれた事にも、なんの意味もない。

結局、人がこの世に生まれてくることに、意味なんてないのである。

なんて、身も蓋もない話をしてしまったが、事実なんだから仕方がない。

 

元々人生に希望なんかないし、ましてや意味なんか何もない。

 

じゃあ何のために生まれてきたのか。

生きる意味なんかないじゃないかと言うと、そうではない。

決してそうではない。

じゃあどうするのか。

 

人が人生に希望を与えるんです。

人が人生に意味を与えるんです。

私が私の人生に意味をあたえるんです。

人生は何も与えてはくれないんです。

あなたの人生を豊かにできるのはあなたしかいない。

私の人生を貧しいものにするのは、私しかいないのです。

 

少し話は変わりますけど、

「人生の折り返し地点」って言葉をよく聞きます。

私はこの言葉が好きではありません。

折り返し地点なんて、まっぴら御免です。

私の人生に折り返し地点なんて必要ありません。

今まで来た道をまた戻っていくような気がして、

「人生の折り返し地点」なんて言葉が好きでは無いんです。

私は死ぬまで進み続けたいんです。

なんで折り返さなきゃいけないの?と思うのです。

人生に前半も後半もないじゃないですか。

いつ終わるかもわからないし、いつまでも終わらないかもしれない。

だから私は折り返しません。

自分の限界を自分で決めたくはありません。

 

自分の白髪や目尻のシワや頬のシミまで、人生で得た戦利品です。

その一つ一つが、自分の人生を愛してきた証だと思っています。

自分の人生を愛する人が増えれば、世界はもっともっと良くなると思う。

自分の人生を見つめて愛せば、人生はきっと豊かになる。

 

人生折り返す必要なんかないんじゃないかな?

だってその先にだって、まだまだ愛すべき人生が続いてるんだから。

 

今立っているここが、頂上かどうかを決めるのは自分しかいないしね。