シトロエンの孤独

今日は6月9日・ロックの日だそうです。

 

今日はロックの日か~って思ったときに頭に浮かんだのが

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「シトロエンの孤独」って曲。

 

なんでかわからないけど、まぁ浮かんだものはしょうがない。

 

 

このシトロエンの孤独は「ロデオ・タンデム・ビート・スペクター」ってアルバムの

1曲目に収録されてるんだけど、ギターのカッティングがメチャクチャカッコいいんだよ。

重くて太いカッティングって言えばいいのかな?

とにかくすごい。

カッティングが重くて太いって中々ないんじゃない?

そんで、チバユウスケさんのヴォーカルがメチャクチャいいんだ。

唄というか、喋りというか、もうなんでもいいんだけど声がいいんだよ。

 

この「シトロエンの孤独」って曲は20年ぐらい前の曲で

妻とまだ付き合ってたころ、車の中でよくかけてた。

デートのBGMがミッシェルガンエレファントかよって感じだけど。

私は平気でデート中でもマッドカプセルマーケッツとかラフィンノーズとかSAとかかけてたからね。

それを嫌がらなかった女性だから結婚できたのかも。

 

話を戻しますけど、ミッシェルガンエレファントの曲は数あれど

個人的にズバ抜けてカッコいいと思ってるのが「シトロエンの孤独」。

なんだろ、あのカッティングが始まると、空気が明らかに変わるんだよね。

デート中の車内の空気が明らかに変わるんだよ。

「シトロエンの孤独」が始まると会話も止まって、曲に集中しちゃうみたいな。

なんかそんな空気を変えるパワーと緊張感がある曲なんだよ。

 

そしてアルバムのタイトルがカッコよすぎる。

「ロデオ・タンデム・ビート・スペクター」

こんなタイトル普通思いつかねえだろ。

 

シトロエンの孤独は続く。

 

Rodeo Tandem Beat Specter

Rodeo Tandem Beat Specter

Amazon