令和の若者よ、とりあえず話をきいてくれ

世の中、何かおかしいと少しでも思うのであれば

 とりあえず選挙にいこう。

 

f:id:tenjirou8989:20210807181919p:plain



 日本は民主主義国家です。(表向きは・・・)

まず、この現実を受け入れましょう。

 

「この国は高齢者ばかり優遇される」とか。

「この国は働き盛り世代が冷遇されている」とか。

「この国は若者ばかりに負担を押し付ける」とか

不平不満文句を言っている人達が、よくいますが

そんなの当たり前。

 

だって高齢者は選挙に行くもん。

 

政治家だって票を入れてくれる高齢者優遇の政策をとるよ。

票を入れてくれない若者優遇の政策なんてしたって仕方ないってなっちゃうよね。

 

だから若者よ、選挙に行こう!

 

どうせ変わらないなんて思っているならそれは大きな間違い。

国民が政治に目を向けなければ、どうなると思う?

政治家は自分たちの都合のいいように世界を作り上げていくぞ。

少し考えればわかるよね。

 

はっきり言っておく。

人間は独占する生き物である。

 

国民がテレビやネットの芸能ニュースを見ている間に

どんな事が起こっているか考えたことある?

 

疫病蔓延、ワクチン接種。

証明書義務化。

外国資本。

抗議デモ。

コロナ倒産。

超二極化社会。

物価上昇。

大増税。

税収過去最高額。

年金破綻。

マイナンバー。

マイクロチップ。

緊急事態宣言。

大企業と中小企業。

資本主義と共産主義。

グローバリズムとナショナリズム。

 

便利な世の中になっているはずなのに、なぜこんなに生きづらいのか。

 

「そのうちよくなるんじゃない」。

「今はこんな状況だから仕方がない」。

「俺の一票じゃ何も変わらないよ、政治とかどうでもいいし」

ではないんだ。

何かを変えるためには、あなたの一票が必要なんだ。

 

あなたは日本が嫌い?

なんだかんだいっても日本が好きって人のほうが多いんじゃない?

 

もちろん私は日本が好きだし、日本を愛している。

生まれ育ててくれた日本の国土を愛している。

 

単純に、私は日本という土地を愛している。

だから私は選挙にいく。

日本が無くなってしまうのは嫌だから。

それだけ。

 

若い人たちに、もっと政治に関心をもってほしい。

日本を守るためには政治は必要で、

政治を変えるためには若者の一票が必要なんだ。

 

あなたの祈りと想いを投票用紙に込めて、投じよう。

人によっては怒りでもいい、悲しみでもいい。

日本社会に一石を投じてやろう。

 

これを読んで、選挙に行く若者が増えてくれたら

そんなにうれしいことはない。

 

もう一度いわせて。

人間は独占する生き物である。

 

だから国民は政治に関心を持たなければいけない。

日本国民は政治に関心を持っているということを、

政治家に分からせなければならない。

多分、今の政治家が恐れるのは若者の投票率が上がる事だ。

 

だから若者よ、選挙にいこう。

あなたの清き一票には途轍もないパワーがあることを知って欲しい。