【ノベライズ版】「ヤクザと家族 The Family」

「ヤクザと家族 The Family」という映画を以前紹介させていただいたことがあるのですが、今回はそのノベライズ小説を読みました。

涙腺崩壊注意です。

 

 

↓↓↓映画の感想こちらに書かせていただいています↓↓↓

www.tenjirou8989.com

 

このノベライズ版は、かなり映画のストーリーに忠実に書かれています。

ですが映画では描かれなかったエピソードがあったり、映画では分からなかった登場人物の心情が詳細に描かれていたりで、なかなか読みごたえがありました。

特に後半は私の涙腺が崩壊してしまって、涙ポロッポロ流しながら読んでいました。

ノベライズ版も映画同様1999年・2005年・2019年の3つの時代で3部構成になっています。

テーマはタイトル通り「ヤクザと家族」です。

決してヤクザをカッコよく描いているわけではなく、今までのヤクザ映画とは一線を画しています。

人それぞれ感想はあると思いますが、私は人の絆と愛を描いた物語だと思いました。

タイトルで引いてしまう方もいるかもしれませんが、内容からしてこれ以上ない本当に良い題名だと思います。

時代に翻弄された人たちを描いていて、勢いのあったヤクザたちが淋しく枯れていく様子が何とも切なくて悲しくてやるせないです。

しかし、人の意思や魂は次の世代へと受け継がれていく。

そんなことを思いました。

そして小説として読んでみて、ストーリーの素晴らしさも再認識させられました。

無口で不器用で誰よりも愛が深かった人間「山本賢治」という漢の物語に心が震えます。

 

これ読んだらまた映画が観たくなってきた~。

 

 

ヤクザと家族 (角川文庫)

ヤクザと家族 (角川文庫)

  • 発売日: 2021/03/24
  • メディア: Kindle版